運と実力の境界が曖昧な世界で勝負に賭ける「ジャンキチ」ほどではないにしても、技と力がすべてのはずの卓球スポーツでも、負けず嫌いの「ピンキチ」たちの「自分が勝ったのは実力のせい、負けたのはツキのなさ」式の一人よがりは相当なもので、その強がりと自恃心には時に手に負えないほどのものがある。力が拮抗している者同士の間では、潔く相手の勝ちを認めたとしても、自分の非力を認めることはめったにない。こんな傾向は、シニア、ベテランの間でとくに顕著のようだ。
 
  1974(S.49)年2月下旬の「養生院杯」争奪大会(後の小金井市オープン選手権大会)のシニア部門で、日ごろ腕自慢のある男が「格下」の仲間にたまたま当たって、あえなく負けた。大会あとの、反省会という名の仲間の‘イッパイ’の会で、意気揚々の面持ちでひときわ舌も滑らかな「格下」に対して、くだんの腕自慢が、まずは潔く賛辞を送ったまではよかったが、続いてその弁は自身の偶々の体調不良や、いっときの多忙による練習不足の言い訳に移り、杯が進むほどに「今度はそうはいかんぞ!」の強がりから、「お前を負かしたあのヨソ者に、オレはいままで負けたことがない」云々と、反省の弁はいつしか例の自慢話に変わっていった。自慢話は伝染し、忽ちそこらじゅうが腕自慢だらけになってしまう。おっとりと構えつつ、これも腕自慢では人後に落ちぬ別の男が、憮然として曰く、「みんな天狗ばっかりだなぁ。みんなの話を聞いていると、誰が本当に強いのかわからなくなる。どうかね、折々に仲間うちでリーグ戦をやって、その時々の一番を決め、それ以下の序列も決めるというのは?」異存なし!口々に「おう、そうしよう!」
こうして始まったのが、すなわち「天狗大会」。
 
  この「おう、そうしよう!」の背景には、週一回の学校開放ごとに卓連の大多数メンバーが一堂に集う今と違って、当時は主な「天狗」たちが卓連のほかに、それぞれ自分の企業クラブや他クラブに二重所属し、そちらでもいろいろ行事があって、お互い一堂に会する機会が、したがって互いに矛を交える機会が、今に比べてずっと少なかったという事情もある。
 天狗大会には、大天狗、小天狗たちの際限のない鼻高自慢に折々カタをつけるという目的のほかに、連盟内の融和・懇親を深めるという殊勝な趣旨も含まれる。だから、身内の天狗同士の「対外試合よりきつい」バトルのあとには、そのきつさを癒すための和やかな懇親会が必ずセットされる。

 端

天狗大会とは
TOPへ戻る
TOPへ戻る
次のページへ
次のページへ